ちいさく、愛でるくらし

毎日コツコツ、ちょっぴり丁寧に

【みにまむ】値段よりも大切なこと

f:id:a9l6123f13:20200908110352j:plain:w400

おはようございます.
ご訪問下さり、ありがとうございます.




サンダルを買い替えました



実は、ずっと同じサンダルを履き続けていた私.

一つのものをずっと大切にすること
ミニマムへの近道だと自負して.


でもある日、夫から
「そのサンダル汚な過ぎるから買い替えた方が良いと思う」
と真顔で指摘された.(笑)


夫はかなりミニマム思考な人で
私服も少なく、勿論履物においても然りなのだが.

www.ernyoga.com



あまり人のことについて、とやかく言うタイプでは無いので
あまりに私のサンダルの汚さが際立っていたのだろう.


お目汚し、失礼します

f:id:a9l6123f13:20200908110446j:plainf:id:a9l6123f13:20200908110451j:plain
まぁ自分で見ても汚い


高い=長持ちするとは限らない



実は今回買い替えることとなったサンダル

BIRKENSTOKのZurichというもの.
買ったのは2019年の6月.


お値段は14,000円と記載があった.
サンダルにしてはお高いよね.


このホワイトのZurichを選んでしまったのがミスだった


ほぼ毎日履き倒していたので、約1年とちょっとくらい
もったということになるのだが.


値段の割に、短命だったという結論.


壊れたりしていないので、
まだまだクリーニングすれば履けるんだけど
このサンダルは自分でクリーニングするのはほぼ不可能.


日本に帰国したときに、専門の業者さんに
出す他ないんだと思っています.


結局しまい込んでしまったので
このサンダルはクリーニングが済むまでは
お役御免状態.


正直なんだかなぁ‥という印象です.



 

汚れにくく、壊れにくいものを



今回結局新しいサンダルを購入したけど
無論、白い(色が薄い)ものは汚れるし
作りが脆いものはすぐに壊れる.


女性なので、きれい目なものとか華奢なものも
ファッションに取り入れたいと思うけど
それは「今」じゃないと感じる.


外で走り回るように作られていないだろうし
汚れてジャブジャブ洗えるような素材感でもない.


今は「汚れにくく、壊れにくいもの」
自分のワードローブには必要だと思う.














最後までお読み下さり、ありがとうございました。
▼ランキングに参加しています▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログへ
購入したのは、こちらのもの.