ちいさく、愛でるくらし

毎日コツコツ、ちょっぴり丁寧に

【このこと】少食と付き合う


おはようございます.
ご訪問下さり、ありがとうございます.

食が細い息子



今まであまりブログでは触れてこなかったこのお話.


わが家の息子の食についてのお話です.


今現在2歳を過ぎて少しずつ食事の量も増えてきましたが、


それまでは平気で一日一食の時もあったくらい.


元々食が細く、ミルクをあげていた頃も吐き戻しが多かった息子.


離乳食開始から、現在2歳になるまで.


苦労したことや工夫したこと.


悩んでいるお母さんの助けになれば!と書いていこうと思います.


生後半年で離乳食開始




生後半年を過ぎ、周りの子と同じように離乳食を開始.


食べ初めは、勿論食べる練習が主の目的で.


食べる時もあれば、ベーして出しちゃう時なんかもあって.


まぁ大きくなれば、そのうち食べるようになるんだろうな〜


なんて考えながら、ご飯をあげていた離乳食の時期でした.


手づかみ食べ?!って何



1歳前くらいから、みんなこの手づかみ食べが始まりますよね.


手でつかみやすいように食材を切り与えて.


人参やブロッコリー、じゃがいもなどの固形物も、少しずつ食べられるようになってくる頃でしょうか.


わが家では、この時期が壮絶過ぎて.


私の記憶がほとんどありません.笑


息子は、このつかみやすいように細かくした食材をつかみ、そのまま前方へボーン!

f:id:a9l6123f13:20170114173208j:plain:w300

いや、まじでこんな感じで、ほんと笑えなかったよ‥


特に1歳〜1歳半くらいまで.


本当にほんとーうに辛かったこの時期.


何を作っていたかなんて記憶にはないし、多分作るのを拒否していた時期もあったと思う.


卒乳してからもその悩みは、尽きることがなく.


ずっと食べずに遊ぶ(投げる)の繰り返しでした.


以下、少食の息子との付き合い方で工夫したことを書いていこうと思います.


1.気をしっかり持つ



まず第一にこれ!
第二にも三にもこれかもしれないくらい


食べない子は食べない!


体の大きさにも差があるように、胃袋の大きさにも差がある.


だからそこ、食べる量にも差があります.


無理に食べさせたり、食べるまで遊ばせないとかやっていると


自分の身が持ちません.


自分の心のゆとりを第一優先にして下さい.


2.大人のお箸で食べさせてみる



f:id:a9l6123f13:20200310161800j:plain:w300

これは友人から教えてもらった方法.


確かに効果があったと感じましたね.


もちろん大人のお箸で食べさせて、完食したよ!ってことはないけれど.


多少食べてくれる=自分の気が紛れるくらいの印象でしょうか.


やっぱりお母さんやお父さんが使っているものへの興味はすごい!


いつも自分が使うカトラリーは、一旦しまっておいて


お母さんやお父さんのお箸でご飯をあげてみて下さい.


3.Ezpz / ひっくり返らないベビー食器



遊んでしまう子って色んなタイプがいると思いますが.


うちは結構な確率で、お皿をひっくり返す子でした.


なので、とても役に立ったのがこちらです.


本当にこの子なしでは、私の身が持たなかったであろう神的存在


一歳半を超えて、この大きさだと小さくなったこと、そして食べる量が増えたことによって


今は倉庫の中にしまってあります.
ほんまありがとう〜



4.食べさせる体制を作る



当初使っていたのが、IKEAのベビーチェアでした.


とても使いやすく、お手入れも簡単だったので重宝していたのですが.


足がブランブランしてしまうんですよね.


息子はそれが楽しかったみたいで、ご飯中もブランブランし放題.


視線が下にいくと、下が気になるせいなのか、食べ物を下に落とすんです.


それでケラケラ笑ってる.怒


食べ物が落ちるのと自分の足がブラブラしているのが、面白いみたいでした.


なので、思い切ってベビーチェアを買い替え!


評判が良く、こちらでも買うことが出来たstokkeのものにしました.


5.おやつでバランスをとる



結局ご飯をあげても食べない.


おやつだったら食べる.


って時も多々あります.


おやつもあげずに外出してしまうと、流石にお腹が空いて愚図ってしまう.


そうなると出先でのストレスが半端ない.


だからおやつをあげるようにはしていますが.


あげるものは、主にフルーツにしています.


バナナが一番かなぁ?


ドライフルーツもよくあげています.


やはり腹持ちが良いものをあげるように!


おにぎりを作って、持ち歩くこともあります.


ちょっと手間ではあるけれど、おにぎり100個も作るわけじゃないからね.



 

少食でも、バランスよく



今現在、二歳三ヶ月を迎えた息子.


午前中はほぼ外出して遊ぶようにしていますが、


お昼ご飯をあまり食べない時もあります.


気分にムラがある様子.


お弁当を作ってみたり、手作りのおやつをあげてみたり.


今でもずっと(多分これからもね)、息子の食についての悩みは尽きません.


でも経験してきて絶対言えること


お腹が空いていたら食べること.


きっと誰しもがそうですよね.


人間の欲の順位は人それぞれ.


うちの息子は、ちょっと食に対する順位が低いのかも.


今ではそんな風に思えるようにさえなりました^^


少しでも余裕を持って、食事の時間を過ごすことが出来ますように.


少食な子供を持つお母さんのお役に立てたら嬉しいです.











最後までお読み下さり、ありがとうございました。
▼ランキングに参加しています▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログへ