ちいさく、愛でるくらし

毎日コツコツ、ちょっぴり丁寧に

【このこと】夫婦で決めたこと


カレーを一緒に作っています

おはようございます.
ご訪問下さり、ありがとうございます.


夫婦で決めたこと



それは息子に

お手伝いをさせる

ことです.


卵を割る



私の朝食の支度.


毎朝の定番、それは卵焼きを作ること.


卵を3つ使って作るのですが、卵を割るお手伝いを息子にさせるのが日課になりました.


もちろん、まだ一人で完全に割ることはできないので、私と一緒に最後まで割っています.


ボウルの中に割り入れた卵を、グルグルとかき混ぜるのも息子のお仕事.


出来上がった卵焼きを見て



最初はたまごを見て「?」の表情でしたが、次第に最近は慣れてきた様子.

まぁ誰でも初めはそうですよね.


ある日突然、出来上がった卵焼きを見て、「コンコン、パカッ」と言ったのです.


自分の割った卵が、かたちを変えて(料理をしてもらって)卵焼きになったのだ!という意識が身についたようでした.


コーヒー豆を挽く作業



これは毎日夫と息子が行う、朝のお手伝いです.


毎日コーヒーを飲むわが家.

せっかくならばと、先日グラインダーを購入して使い始めたのです.


夫も何か息子にお手伝いをさせたい!とコーヒー豆を挽くことを手伝ってもらうように.



豆をすくって〜



重さを計って〜



もうちょっと〜



スイッチオン!



 

まだまだ子供と思っていたけど



二歳になった息子.


まだまだ子供〜と思っていたけど、親の想像なんかより超特急で息子は成長しているわけで.


親ができないと思っていることのほとんどは、もしかしたら結構すんなりとできてしまうのかも.


と先日夫と話していたのです.


だったらやらせてみたら?と夫と相談の末、決定したのでした.


誰しも失敗は必ず起こりうることなので、失敗しても大目に見てあげて.


できたら寛大な拍手を贈ろうね!ってことで.


そんな風にしたら、卵割りも豆挽きも、卒なく上手にこなしている息子なのでした.


親の先入観を捨てるって、とても大切なことだと実感しました.










最後までお読み下さり、ありがとうございました。
▼ランキングに参加しています▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログへ