/* googleadsense自動広告 */

ちいさく、愛でるくらし

毎日コツコツ、ちょっぴり丁寧に

【よがのこと】わたしがヨガをする理由

f:id:a9l6123f13:20180604175339j:plain:w400
おはようございます。
ご訪問下さり、ありがとうございます。

本日は、わたしがヨガをする理由について。書こうと思います。

正確には、「理由」じゃありませんね。
ヨガをすることで得られた「結果」かな。


自分の体の声が聞けるから


「自分の体の声が聞ける」
この一言かもしれません。


ヨガを始めてから、様々な良い変化がありました。

(胃炎が治った、婦人科系が強くなった、ミニマムになった、性格が丸くなった、ポジティブになった・・・)
うん、数え切れませんね。笑

でも一言で表すと、自分の体の声が聞けるようになったこと。

どんな変化があるのかは、本当に人それぞれ。
わたしも始めの「目的」と、結果としてヨガを続けている「理由」とは異なります。

「今」自分がどんな状態なのか


継続して得られた変化は、上記に書きました。

それはそれは大きな変化だったと自覚しています。

それと同じくらい、実感していること。

「今」の自分の状態がわかることです。

「足が疲れているな」
「背中が丸まっているな」
「頭が重いな」

とかとか。

細かな部分に気が付けるようになりました。
そういった、自分の周期みたいなものを敏感に感じることができるように。

なので、対策や予防を行えるようになったので、滅多に体調を崩すこともなくなりましたね。

良きときも悪しきときも〜


結婚式で誓う言葉、よく耳にしますね。

まさにこれ。
結婚式では、パートナーに対して使用しますが。

わたしはヨガに対して、パートナーのような意識を持っているのかもしれません。


自分自身が良いとき、悪いとき、もちろん人間なので、生きている限りは様々な状況がありますよね。
そんな時に、助けられている(結果的に)のがヨガの存在です。

辛いときも嬉しいときも、苦しいときも楽しいときも。
今まで散々ヨガをしてきました。

それが良かったのか悪かったのか、それは私自身にもよくわかりません。
でも、もう生活の一部みたいなもの。



今は緩やかに継続中です


産前はアシュタンガヨガという、少しアクティブなヨガを行なっていました。

妊娠をきっかけに、少しずつお休みモードに。
(もちろん妊娠時もできるヨガポーズは沢山あります)


出産を終えて、現在は5ヶ月のむすこのお世話にかかりっきり。
集中してヨガをする時間は、ほとんど取れなくなりました。

それでも寝る前に簡単なポーズをいくつか行なってみたり。
細く長く続けていきたいことの1つ。

いつか小さくても良いので、自分のスタジオを持つことが夢でもあります。
こぢんまりとしたスタジオで、ヨガが好きな人たちと関わっていけたら嬉しいなぁ〜なんて考えています^^











www.ernyoga.com

www.ernyoga.com

www.ernyoga.com

最後までお読み下さり、ありがとうございました。
▼ランキングに参加しています▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

▼「もの、ごと。」暮らしに役立つコラムがたくさん▼