/* googleadsense自動広告 */

ちいさく、愛でるくらし

毎日コツコツ、ちょっぴり丁寧に

【こどもごと】必需品です!

f:id:a9l6123f13:20180228151353j:plain:w400
おはようございます。
ご訪問下さり、ありがとうございます。

本日は、育児に欠かせない必需品について。
人それぞれ、育児に欠かせないものは様々あるかと思います。


BOS 消臭袋

そうです、ゴミ袋です!
何が凄いかって、臭い漏れが一切(ほとんど)ないんです

本日は、私なりにこのゴミ袋の使い方を書いていこうと思います。

BOSについて

驚異の消臭力
人が最も敏感に感じる、うんちの臭い。BOSはうんちを入れて、しばらく放置後に鼻を近づけてもほとんど臭いを感じない、驚異的な防臭力を持った素材です。


安心
菌も通さないので安心です。
燃やしても有毒ガスを発生しません。
国内で製造していますので、安心してご使用ください。


便利
使いやすさにもこだわりました!
より便利にご使用いただきたく、袋の開けやすさ、結びやすさなど、こだわりを持って開発をしました。

*1

医療向けに開発された

何と言っても、ここが決め手ですかね。
医療用に便の消臭を目的として作られた袋だそうです。
なので、消臭力もピカイチ!

89%の人が、BOSの消臭力を認めているそうです。
約9割の人のお墨付き。凄い〜。

サイズ展開

SS / S / M / ロング/の4種類展開です。

サイズ cm
SS
17×27
S
20×30
M
23×38
ロング
17×75

実際にオムツを入れるには?

サイズ 実際のオムツサイズ
SS
新生児用1つ
S
赤ちゃん用オムツ1つ
M
Lサイズオムツ4、5つ
ロング
一回ずつ縛って3、4つ

公式サイトを参考に、簡単な表にしてみました。

我が家の使い方

お値段が少々張る、BOSの消臭袋。
気になるのは、ここですよね。
出来れば節約して使用したいところ。

Sサイズのオムツなら3つ!

現在我が家はSサイズのオムツを使用しています。
消臭袋のサイズもSサイズ

オムツは3つ溜めてから、捨てています。
1つオムツを交換したら、袋をクリップでとめておきます。
f:id:a9l6123f13:20180228151342j:plain:w300

3つ溜まったら、袋の口を縛ってゴミ箱へ。
f:id:a9l6123f13:20180228151635j:plain:w300

我が家はオムツ専用のゴミ箱なし

我が家では、オムツ専用のゴミ箱は購入しませんでした。
結局日本を離れますし、持ち運びに不便なものは、極力購入を控えたかったので。

しかも嬉しいのは、リビングにいるときにキッチンのゴミ箱へオムツを捨てても、全く臭わない!ということ。
家族も皆気が付きません。


おまけに

ここからはおまけです。

ゴミ袋ってインテリアを邪魔しますよね。
でもBOSのゴミ袋は、箱のデザインがとても可愛いんです。

シンプルなデザインも、もちろんあります。
我が家は現在、こちらの柄のものを使用中。

可愛い柄がたくさんあるので、選ぶのも楽しみになりますね^^

以上が、ぼくのおむつ替えの必需品でした。











www.ernyoga.com

www.ernyoga.com

www.ernyoga.com

最後までお読み下さり、ありがとうございました。
▼ランキングに参加しています▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ