ちいさく、愛でるくらし

毎日コツコツ、ちょっぴり丁寧に

【たいせつなこと】自分を疲弊させない


おはようございます。
ご訪問下さり、ありがとうございます。

本日は、最近のモヤモヤを解消したお話。



自分を疲弊される人間関係を断捨離

いつになっても、この「人間関係」の悩みは尽きない!と改めて実感していたのでした。

先日とあることがあり、友人関係で「ん?!」と思うようなことがありました。
今までなら本人に直接ハッキリ告げていたと思います。
でも、今回は何も言わずにフェードアウト

何よりも自分自身を疲弊させない選択肢をとりました。

ハッキリ告げることだけが正解ではない

仲の良い友人には、割とハッキリと物申すタイプの私。(限度はありますが)

決して、相手の意見を否定するわけではないです。
「私はそう思わない」ということを告げることが多いかもしれません。

でも最近は、「自分の意見を伝えることが、決して正解ではない」と思うように。

友人との関係性も変わってくる

働いていたりいなかったり。家庭があったりなかったり、子供がいたりいなかったり。
今までは同じような環境下にあった友人たちも、今ではそれぞれ変わっています。

もう同じ学校や習い事に通うだけの、「友人」ではありません。
考えることや、行動の仕方だって変わってきますね。

わかっているつもりでも、その一言で傷つけられたり。(傷つけている場合も然り)
相手には当たり前のことでも、自分にとっては「?」ということもあります。



自分自身の捉え方を変えてみよう

友人はもちろん唯一無二の存在。
変えられないかけがえのない存在です。

変えられるのは自分自身の捉え方だけ。
なので私も今回のことに関しては、「何も言わない」という選択肢をとりました。

「ん?」と思った時に何も言わず、「自分の中でうまく消化できるかなぁ〜」なんて考えていましたが、そんなことは全く心配要りませんでした。笑

学生のように、毎日頻繁に顔を合わせる相手でもありません。
根に持つようなことでもない、単なる「ちょっと」したことだったみたいです。

自分を疲弊させないためにも、友人との付き合い方も少し考えてみる時期なのかもしれません。


www.ernyoga.com

www.ernyoga.com






最後までお読み下さり、ありがとうございました。
▼ランキングに参加しています▼
にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ