My LIFE

毎日ほんのすこしだけ、丁寧な暮らしを

【すきなもの】ミニマム好き必見映画3選

f:id:a9l6123f13:20171114092731j:plain
おはようございます。
ご訪問下さり、ありがとうございます。

本日は大好きな映画についてのご紹介。
特にミニマム好きだったりの人には、是非観て欲しい。
って、結構観たことある人が多いんじゃないかとも思うけど。
私もこの3作品は、毎年何回か観ています。
繰り返し観たくなるような、とても魅力が詰まった映画です。
参考になれば!


1.365日のシンプルライフ

f:id:a9l6123f13:20170823192905j:plain
*1
これは初めて見た時、衝撃を受けましたね。
まさかの実体験なんですよ、これ!
北欧の国ならではというか、なんというか。
フィンランドで製作された映画ですが、考え方そのものがミニマム。
自分自身に置き換えて考えてみたくなる。
実生活でこれをやるのは、すこーし無理難題だけど笑
観終わった後には爽快感というか、自分の生活の未来を考えたくなる、素敵な作品ですね。

内容

フィンランドからやってきた
「人生で大切なもの」を見つけ出す3 6 5 日のモノがたり

フィンランド人の若者が、失恋をきっかけに、自分の持ちモノすべてをリセットして行なった365日の“ 実験”生活。監督・脚本・主演を務めたペトリ・ルーッカイネンの実体験から生まれた「とにかくやってみよう!」のアイディアが、映画という形になった。登場する家族や友人は全てホンモノ、ペトリを中心とするリアルな人間関係と日常生活に起こるドラマが、北欧ジャズシーンをリードするティモ・ラッシーのサックスに乗って、軽快に綴られていく。2013年のフィンランド公開時には、多数の“実験”フォロワーが生まれ、若者の間で一大ムーブメントとなった。

*2

2.かもめ食堂

f:id:a9l6123f13:20170823194206j:plain
これも同じく北欧が舞台の作品。
出演者が小林聡美さんを始めとして、片桐はいりさんやもたいまさこさん。大好き。
3人が醸し出す雰囲気とか、フィンランドの生活のほんわかしたところだったり。
異国の地で日本食がまたすごく素敵。
個人的には小林聡美さんが家で四股を踏むシーンがすごく好き。笑

内容

フィンランドのヘルシンキに日本食の食堂をオープンした小林聡美演じるサチエ。
その名は「かもめ食堂」。
メインメニューはおにぎりです。なかなかお店にはお客さんが来ません。
そんなある日、書店で出会うのが、片桐はいり演じるミドリ。
ミドリはしばらくフィンランドにいるということで、サチエの店を手伝うことに。
そんな切り盛りをしている中やってくるのが、もたいまさこ演じるマサコ。
かもめ食堂の成長と美味しいご飯、素敵な食器。
なんともほっこりする物語です。

3.リトル・フォレスト

f:id:a9l6123f13:20170823194533j:plain
*3
これは漫画が原作の映画です。
主にについての話。
それと田舎で育った若い3人の葛藤も描かれている作品。
関東で育った私には考えられないような生活の中身。
学校や就職、いろんなものと共存して葛藤して生きている。
すごく人間味のある作品だと思う。
とにかく作る料理がものすごく美味しそうで、お腹が空きます。笑

内容

スローフードって楽じゃない。手間ひまかけて、汗かいて。だけど、そうやって辿り着いたひとくちには、本当の美味しさが満ちているのです。
当世きっての漫画家が描く、本物のネイチャー・ライフ。

*4



以上3選

基本的に、食事だったり、のんびーりした映画が好きです。
趣味が合う方には是非観て欲しい映画です。
どれも素敵で、物語性もあって。
何年も前に公開された映画たちですが、未だにずっとお気に入り。
どこにいても観たくなる映画たちです。






最後までお読み下さり、ありがとうございました。
▼ランキングに参加しています▼
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ