My LIFE

毎日ほんのすこしだけ、丁寧な暮らしを

【おかねのこと】学資保険は?!

f:id:a9l6123f13:20170929092731j:plain
おはようございます。
ご訪問下さり、ありがとうございます。
本日は暦上では、立冬となりますね。
冬の支度も始めなくてはなりません。

そんな本日は生まれてくる子供の、学資保険に関する悩み。



今と昔は違う

そもそも学資保険に加入するのが正解なのかどうかさえ分からない、昨今の日本の経済状況。
父に相談すると、「学資保険に入っていたから、随分と助かった」と言われました。
我が家は、三人兄弟でしたが、全員私立の四大を出ています。汗

両親が学資保険を始めた頃とは、かなりかけ離れた低い返戻率。
これは確かに、学資保険に加入するのが正解なのかどうなのかが問われます。

とりあえず資料請求

私が資料請求してみたのは以下の二社。

ネットで調べた感じ、この二つの評判が良かったようなのでとりあえずってことで。

返戻率は二社とも低め

これも分かっていたことなのですが。
いざパンフレットを目の前にしてみると・・・「返戻率、低いな〜」と思わざるを得ません。
これでは確かに、NISAや終身保険だったりで貯める人も多いんでしょうね。
学資保険のメリットがなかなか感じられませんね。

期限がある

そもそも学資保険のもともとの意味を考えてみます。
子供の大学資金の為に学資保険に加入する人がほとんどですよね。
18歳、ないしは22歳だったり。
満期を設定する時期は限られています。

終身保険やNISA、ドル建ての貯蓄などでも、色々探してみました。
でもやはり子供の大学進学のための資金(主に)としているだけあって、
やはり返戻率が良かったり、しっかりと子供がその年齢に達したときにお金が下りるようになっています。
他の保険や金融商品については、その時期に経済状況が悪く、「お金を下ろせない!」なんて商品も出てくる可能性が。
それでは、せっかく学資保険の為に貯めていた意味がありません。




相談してみようと思う

まだ出産まで時間もあり、体調もまぁまぁ良い時期。
この時間を使って、子供のための学資保険について相談してみようと思います。
プロの手を借りるのも、大切なことですよね。






最後までお読み下さり、ありがとうございました。
▼ランキングに参加しています▼
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ