My LIFE

毎日ほんのすこしだけ、丁寧な暮らしを

【みたもの】90+87=171

f:id:a9l6123f13:20171031085544p:plain
*1
おはようございます。
ご訪問下さり、ありがとうございます。

人生フルーツ

www.ernyoga.com
*2

タイにいた頃、著書を読んだことで初めて知った物語でした。


人間味のある生活を教えてくれた

映画は樹木希林さんのナレーション。
冒頭から、ほっこりするような口調で始まります。

愛知県に40年程前に、建築家である修一さん自らが設計したという自宅。
決して大きい佇まいではなく、平屋建築のお家。

でもそれ以上に目を引くのは、数多く植えられた植物や果実
自宅ができてからずっと、お二人で大切に育ててきたのだそう。

津端修一さん90歳、英子さん87歳

合わせて171歳

映画の中で、修一さんが幾度となく手紙を送るシーンが印象的だった私。
以前からの習慣で、もう趣味の一環のような様子でした。
そこに直筆の絵と共に書かれる、

90+87=171

という数字。
お二人の年齢を表しています。
単なる数字なのですが・・・私にはとても深い数字に感じました。



英子さん一人の生活へ

2015年6月のある日、修一さんは畑仕事を終えて昼寝をした後、そのまま起きてこなかったと言います。
その後からは、妻の英子さん一人での生活。

もう亡くなってから2年程経つのですね。
いつも修一さんが使われていた食器にご飯を盛って、仏壇にお供えされていた姿がとても印象深かったです。
今でもきっと、そうしているのかなぁ。

この映画を観ることができて、本当によかったと思います。
お二人が提唱する「人間味のある生活」が、少しですが理解できたかな。
いつかこんな素敵な生活ができるように、なりたいと強く思いました。






最後までお読み下さり、ありがとうございました。
▼ランキングに参加しています▼
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ