My LIFE

毎日すこしだけ丁寧な暮らしを

【LIFE】自分軸の取り方が難しい時期

f:id:a9l6123f13:20170711112918j:plain
こんばんは。
ご訪問下さり、ありがとうございます。

本日は妊娠初期、つわりが酷かった時期のことを書きたいと思います。


今まで当たり前のことができなくなる

頭ではわかりきっていることです。
つわりが始まり、トイレとお友達の時間が長くなりました。
ひどい時には、ほぼ一日中ベッドから起き上がれないこともしばしば。
どんなに我が子の成長のため、とは頭で考えても頭と体は別物なわけで。

  • 買い物
  • 食事の支度
  • 洗濯
  • 掃除
  • 友人とのお喋り
  • 読書
  • ヨガ

他にも色々ありますが、いわゆる日常生活が全くと言っていいほど不可能な状態に。
仕事をしている妊婦さんはもっと大変。
「仕事をしていない私なんて、せめて家事くらいはしなきゃ…」という焦りだったり、罪悪感が。


夫の助けも時には必要

家事全般、普段はほとんど私が行っているので夫は手をつけません。
私の場合、朝は少し体調が良かったので朝食を作って夫は出かけて行きます。
夫が仕事で不在の日中、部屋の中を片付けなくてはと思いついつい無理をしていました。
ですがピークの7週〜9週辺りは、ほぼ何もできない状態に。
帰宅して散らかっている部屋を見て、驚いていました。
「辛いならもっと早く言ってくれたら良かったのに。手伝うよ。」
と言ってくれました。
素直に「手伝って」の一言を言えなかった自分、もっと楽に考えたら良かったととても後悔しています。


先生からの言葉に救われる

日課にしていたヨガもできなくなり、自分の軸がなくなってしまたように感じていた頃。
つわりの辛さも相まって、ついついマイナス思考になりがちでした。
今まで通っていたヨガの先生に、妊娠したことを告げると
「お姫様タイムだと思って、人生の中で一番ダラダラ過ごしちゃいましょう!」
というお返事を頂きました。
このメールを頂いた時に、何だかふっと救われたような気持ちになりました。不思議ですね。


できないんじゃなく、しない時期に

そして私が心がけたのは、何もしない時期にする、ということです。
できることをしよう!と思うと、できていないことに目がいってしまい、かえってストレスになってしまうのが私の場合でした。
なのでこの時期はあえて、何もしない選択をしていました。
ただ横になっているだけ。
ヨガができなくとも、家事ができなくとも、私は私。
そんな気持ちを持つことで、救われました。



辛い時期を経験されている方へ

色々なことができなくなり、心身ともに多大な疲労が積み重なる時期です。
でもつわりはいずれ終わります。
一時が終われば、またいつもの日常が戻ります。
その時を辛抱強く待つことしかできません。
自分なんて…と思わずに、何もできなくたって、立派です。
自分を責めずに、辛い時期を過ごすことを一番に過ごせると良いと思います。




最後までお読み下さり、ありがとうございました。
▼ランキングに参加しています▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ