読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My LIFE

simple is the BEST

My L I F E

simple is the BEST

【Read】Haruki Murakami

f:id:a9l6123f13:20170322130644j:plainおはようございます。

ご訪問下さり、ありがとうございます。

 本日は読書についてのお話。

 

Kindle unlimitedを継続

 

以前Kindle unlimitedに登録した、という記事を記載しました。

今現在、3ヶ月が経ちます。(お試し期間を入れると4ヶ月)

私自身は、特に不自由なく使っているつもりでいました。

ですが主人がどうやらもう既に飽きてしまっているようで;(飽き性もあります)

読みたい本がないと嘆くように。

現在はほとんど私のみの使用となってしまっております。

 

ふとした時にやってきた

 

特に読書はKindleで一本化!なーんて思っていたのですが、ふと先日私の家族がタイへ遊びに来てくれた際のこと。

父は本を買うのに、読めない人。(説明は省きます笑)

今回自分のために空港で購入してきた本を、バンコクに置いていく羽目に。

それが村上春樹氏の長編小説「騎士団長殺し」でした。

家族がやってきた時のおもてなしについて、書いています。

 

読みたい本への熱

 

主人も私も、村上春樹氏の書いた書物が大の好物。

出たら買う、みたいなタイプ。

この本がうちへやってきてからというものの、本の取り合いの毎日。

テレビよりも読書派な我が家ですが、特に読みたかった本が手に入った時のむさぼるように読む姿は、やはり違いましたね。

好きで読む、というのと、なんとなーく読むというのだと大きく異なってくる気がします。

 

制限無しが良いのか、と疑問

 

初めはKindleunlimitedのサービスが、とても便利なものだと思っていました。

でも今回の一件があり、もう一度見直してみようかとも考えたり。

本当に読みたい本を読む、に焦点を当てたら、多分Kindleunlimitedは解約することになるかと思います。

もう少し継続してみて、やはりそれでも制限なしのサービスに疑問を持つようであれば、解約を行うつもりでおります。

 

 

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

ランキングに参加しています♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ