My LIFE

毎日すこしだけ丁寧な暮らしを

【Outing】Amphawa Floating Market

f:id:a9l6123f13:20170302170358j:image
おはようございます。

ご訪問下さり、ありがとうございます。

本日はアンパワ・フローティング・マーケットへ行ったお話です。

 

 昔からの習慣が根付く水上マーケット

売り物を船に乗せて運んでくる

タイでは昔から、運河の周辺に住む人々の生活に水上マーケットが欠かせなかったそうです。

現在は運河や川沿いにお店が定着したスタイルが一般的になっています。

昔は船で売り物を運びながら売買するのが習慣だったようです。運河や川が多い地域特有のスタイルですね。ものすごい時間をかけて行っていたのでしょう。

 

文化財として保存するために

上記に記した船に乗っての売買を見かけなくなったのは、国がそれを文化財として保有する動きが出てきたんだそう。

そうやって生活していた人々が今、川沿いにお店を出しているのでしょうかね。気になるところ。

 

30以上の水上マーケット

タイには大凡、30の水上マーケットがあると言われています。閉鎖してしまっている場所もあるようですが。

それでもまだ多くタイに残る、昔ながらの文化。水上マーケット。

バンコクにいると感じることのできない雰囲気が楽しめること間違いなしです。

 

 Amphawa Floating Market

f:id:a9l6123f13:20170302170451j:image

行き方

今回は車で行きました。

バンコクからは車で1時間半と出ています。渋滞がなければ良いのですがね。

この日はゴルフへ行った後に、アンパワ水上マーケットを訪れました。

車は手前に停めても良いかも 

このPuang Sombun Roadとなっている場所周辺に大きな駐車場があります。(無料)

地図だと徒歩でぐるっと大きく迂回するようになっていますが、船で簡単に渡れます。

向こう岸が水上マーケット。
f:id:a9l6123f13:20170302170425j:image

車を止めたのは地図の場所辺り。

向こう岸にも車を停める場所はあるようですが、とても混むという話だったので、手前に停める方が良いみたいでした。

ちょうどこの日も王族関係の行事があったようで、道路が封鎖されてしまい、帰りは道路の大渋滞を含め、大変な思いで帰りました。

チケットを購入し、向こう岸まで渡ります。

そうすると、すぐにマーケットへとつながります。

 

水上マーケット内

f:id:a9l6123f13:20170302170556j:image

すごい活気

小さなアートがわんさか!

f:id:a9l6123f13:20170302170824j:image

色々な味のゼリードリンク
f:id:a9l6123f13:20170302170850j:image

昼食

f:id:a9l6123f13:20170313155357j:plain

f:id:a9l6123f13:20170313155355j:plain


物価も安く、日本人には会いませんでしたね。地元民の方もまだまだ利用しているみたい。周辺に住んでいる人は買い物しますもんね。

もっと前は全然観光地ではなかったようです。でもここ最近は、欧米人や中国人の観光客が増え始め、観光地として賑わっているようでした。

 

夕刻〜夜がオススメ

ボートに乗りながら、ホタルを鑑賞するツアーが人気のようです。

いくつかナイトクルージングのツアーを見つけました。

私が訪れたのは日中だったので、残念ながらホタルは見ることができませんでした。

またの機会にホタルを見に行きたいです。

アンパワー水上マーケットの観光は夜からがおすすめ。 | 【結論】タイ一択。

詳しく書いてくださっている方がおられるようです。夜景だと一味も二味も違ってきますね。ロマンチックです。

日本をうたったクレープも
f:id:a9l6123f13:20170302170626j:image
チョコバナナクレープ 50B

ふとJapanese表記を見かけたので覗いてみると、クレープ屋さん。

甘いものを食べたかったので、購入してみました。

生地がパリッパリ!で、おそらく日本のそれとはかけ離れていましたが・・味はおいしかったです。

 

伝統的な習慣


もうこちらも観光地化してしまっていましたが、他の場所と比べるとまだまだ観光客は少ないこの場所。

現地の人の生活が少し垣間見れた気がして、楽しむことができました。

食べ物やお土産、面白い雑貨も揃っているので、楽しめると思います。

夕刻の時間になったら、船に乗りながら、のーんびりホタルを鑑賞、というのもすごく贅沢な時間かもしれません。

また夕刻にリベンジです。

以上がAmphawa Floating Marketのご紹介でした。 

 

 

 

本日もご訪問くださりありがとうございました。

ワンクリックして頂けると嬉しいです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ