My LIFE

毎日すこしだけ丁寧な暮らしを

【Knit】15万円に200人待ち?!

f:id:a9l6123f13:20170309110032p:plain

参考:気仙沼ニッティング - 商品について

おはようございます。

ご訪問下さり、ありがとうございます。

本日は昨日の東日本大震災をきっかけとして始まった、復興支援の一つとして創業した会社のお話。

 

気仙沼ニッティング

2017年3月2日放送のカンブリア宮殿にて

宮城県気仙沼にある、ニット製品を扱う会社。

社長は御手洗瑞子さんという女性社長です。

東日本大震災を機に、復興支援のために始まった会社。

従業員は2名。そして編み手さん(ニット製品を作る方)は地域の方々60名。

再放送がこちらからご覧になれます。

 

デザインは三國万里子氏

ニットデザイナーの三國万里子さんがデザインを手がけているのだそう。

決められたデザインを気仙沼の編み手さんが編んでいくようですね。

デザインは本当にどれも素敵。

見ただけで、心が温まるような、そんなデザインのものばかり。決して派手だったり、特徴があるわけではありません。

でもシンプルで、誰からも愛されるようなデザイン。

 

15万円のニットに200人待ち?!

 

一番の売れ筋商品が、上記画像のニットカーディガンだそうです。

お値段は驚きの15万円?!

衣料品としては、値が張りますよね。そう簡単には買うことができない価格かと。

でもこの商品、素材にこだわり、完全オーダーメイドで一人ひとりに合った寸法で作成されており、なおかつ手作りのため、時間がかかるんだとか。

この強気の価格にもかかわらず、なんと200人が待っている状態。

 

一時的な復興ではなく永続的に

 

会社社長の御手洗さんがおっしゃっていました。

”復興”というと、一時的なイメージがつきがちだけれど、私たちはずっとこの会社を発展させていきたいんだ、と。

編み手の方々も、とても楽しそうにお仕事をされている様子が、テレビ画面上からもはっきり見て取れました。

きっとこの方々の中には震災で、家族や親戚、友人を亡くされた方もいたことでしょう。でもこうして、”今”、笑顔で仲間たちと働ける環境がある、ということがとても素晴らしいと感じました。

 

気仙沼ニッティングのHPはこちらから

HPもとても可愛らしく、素敵な商品が沢山あります。 是非ご覧になってみて下さい。

 

 

 

本日もご訪問くださりありがとうございました。

ワンクリックして頂けますと嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ