My LIFE

毎日ほんのすこしだけ、丁寧な暮らしを

【くらしごと】環境を守る

f:id:a9l6123f13:20170130110230j:plain

おはようございます。

本日はふと気になり、調べてみたことです。

家でお酒を飲む我が家

 
f:id:a9l6123f13:20170130135503j:image

夫は自宅でお酒を飲むことがあります。私もたまに飲むこともあります。

外食時に飲むのであればそこまで気にしないのでしょうが、自宅で飲むとなるとゴミの問題が気になってきます。

 

日本ではなかなか見なくなった瓶ビール

 

お酒を購入する、となった時、

日本だったら間違い無くのお酒を購入していました。

缶ビールや缶チューハイ…

 

宴会やたまに行く昔ながらの居酒屋さん的な場所では、瓶ビールがどん

出てくるところもありますね。

それも年に何度かしか見かけないような気がします。

親戚で一斉に集まった時に瓶ビールがテーブル上に何本も並べられていた記憶が…

というのも結構前の話。

 

ビンの方がリサイクルに向いている?!

 

私はてっきり缶の方がリサイクルに適しているのかと思っていました。

潰しやすいし、リサイクルを行った後の用途が多いのではないかと。

しかし、ビンは洗浄して、そのままリサイクルさせることが多いよう。

特に発展途上国ではそのリサイクルの仕方が一般的なのだとか。

話を聞くと、缶製品はタイではまだまだこれから発展していく模様。

 

日本の技術では缶のリサイクルも劣らない

 

技術がある場所では缶の方がリサイクルに向いている場合も。

瓶製品はやはり重いことがネックに。運搬費用だって、重量が上がれば上がるほど、燃料コストだってかかってしまうはず。

缶のリサイクルの技術が高ければ、缶製品を購入することの方が良い場合も。

 

Recycleを心がけて過ごす

 

住む場所や技術により、どの製品でどのリサイクル方法が環境に良いか、というのは異なってくる。

瓶の方が環境に良いとして、大量の瓶製品を遠くの田舎までトラックで運んでもらっているのでは、また訳が違ってくると思います。

タイではどうやら瓶製品を購入した方が、リサイクルになるよう。

また日本に戻ったら、缶、瓶問わず、

まずはしっかりと洗浄し、スーパーのリサイクルボックスに持っていくこと。

それだけでもリサイクルには貢献できる。

身近なできる事から、まずはコツコツと。

参考にしました。

http://www.nifs.ac.jp/plasmakun_news/1304.pdf

 

 

本日もご訪問くださりありがとうございました。

ワンクリックして下さると、とても嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ