My LIFE

毎日ほんのすこしだけ、丁寧な暮らしを

【きせつごと】いつもの習慣をちょっぴり贅沢に

f:id:a9l6123f13:20170213184043j:plainHappy Valentine’s Day!

2/14の本日はバレンタインデーです。

Googleの検索ページもすっかり可愛くなっていましたね。

バレンタインデー

 

街が一気に賑やかに

新年を過ぎたら一気に街は赤とピンク一色に。

そしてデパ地下は賑わう。

クリスマスにバレンタイン前でしょうか。

個人的にはあの賑やかさは、心を明るくしてくれると思っているし、食べ歩きができたりするのでとても好きな時期です。

 

作る or 買う

一番盛り上がるのは、学生さんかな。

好きな人に手作りでチョコを渡す、そんな素敵なイベントが年に一度あるってだけで、女子はあーでもない、こーでもない、のマシンガントーク。

それはそれで、とても楽しい学生生活でした。

 

いつからだろう…

チョコを作らなくなったのは。

よく覚えていませんが、覚えている範囲では「友チョコ」文化は高校生までかな?という認識。

大学生になったら、もう友チョコも作らなくなったし、好きな人(彼氏)に渡すものは購入していた覚えがあります。

 

私たち夫婦のバレンタイン

 

結婚してもイベント事は忘れずに

私たち夫婦は結婚してすぐに、別居するという少し変わった生活をしてきました。(主人の仕事の関係です)

何よりも一番一緒にいたい時期(巷でいうところの)を別々に過ごしてきたこともあり、時間を共有するということに重きを置くように二人で決めて生活を送るようにしています。

 

豪勢なお祝いはなくていい

”身の丈に合った”という言葉がふさわしいでしょうか。

身の丈に合うお祝いの仕方だったり、季節の節目を感じながら(過去記事:節分もどうぞ)、イベント事は一緒に過ごすようにしています。

たまには美味しいワインに、豪華な食事、そんな贅沢も良いかもしれません。

ですが、夫婦二人が一緒に、そしてほんのすこしの楽しみがあれば、私たちはそれで満足できるんだと感じています。

 

すこしだけの贅沢

f:id:a9l6123f13:20170213184118j:plain

今回はこちらの板チョコを購入

SIMON COLLのチョコレート

1840年創業のスペインのチョコレートメーカーのようです。

カーサ・シモン氏がチョコレートバーの製造を始めとして、今ではスペインでは名の知れたチョコレート専門店のようです。

そんなシモンコールのチョコレートが、バンコク最寄りのデパートで販売されていました。

主人も興味を示していたため、今年のバレンタインはこれにしよう!と決めて購入しました。

とてもおいしそうなサイトです。お時間がある方は是非覗いてください♪

http://www.simoncoll.com/en/Portada

 

装飾があるものはできるだけ購入しない

可愛いですよね。

特にバレンタインの時期のデパ地下のチョコレート売り場。

何が可愛いって、チョコ等の中身ももちろんですが、外装ですね、外身

可愛くペイントされた箱だったり、とても素敵なイラストの入れ物。

多分中身よりもお金がかかっているんではないかと思われるものもしばしば・・・

私も大好きです、そういう可愛いもの

でも結局、捨てることになってしまって今に至っている。

それを学び、現在は比較的ゴミになる部分が少ないもの、を選んで購入するようにしています。

 

二人で楽しめることが前提

それぞれの誕生日以外は、二人が互いに楽しめることを大切にしています。

私たちはコーヒーと合わせて、甘いものをちょこっとつまむ習慣があります。

なので、チョコレートやクッキーは比較的、よく購入しています。

今回は少しの贅沢と題し、いつもよく購入するチョコレートを少し贅沢に、ということでこちらのチョコレートを購入しました。

 

お味は・・・

もちろん、おいしかったです!

普段なら買わないようなお値段ですし、いつもの習慣が少し贅沢な時間になりました。

忙しい毎日の中でも、いつもより少しだけ贅沢な時間を設けることで、

元気になれたり、気分が一新できたりと、気持ちの変化にも繋がると思います。

 

おまけ

タイのバレンタイン事情

(外国では珍しくないようですが)男性から女性にプレゼントを渡す日というのが伝統のようです。

日本とは逆みたいですね。

特にチョコレートでなくとも良いみたい。お化粧品やアクセサリーだったり。

デパート内では、色々なブースでバレンタインデーの飾りが施されていたのも、そのためだったよう。

そして来る3月14日のホワイトデー。

と言いたいところですが、タイにはホワイトデーの習慣はないようで。

男性は渡しっぱなし、となってしまいますが、それがタイのバレンタインデーらしいです。ちょっと可哀想な気もしてしまいますが。

 

今年のバレンタインデー、幸せに過ごしている方が1人でも多い1日となりますように・・・

学生さんの甘い恋も応援したいですね♪

 

 

 

本日もご訪問くださりありがとうございました。

ワンクリックして頂けると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ