読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My LIFE

simple is the BEST

My L I F E

simple is the BEST

【Yohji Yamamoto】are you FREE?

f:id:a9l6123f13:20170208124008p:plain

Yohji Yamamoto | Dressmaker - Bangkok Screening Room

おはようございます。

ご訪問下さり、ありがとうございます。

(Bangkok Screening Roomのご紹介) 

本日はファッションについての記事になります。

山本耀司のドキュメンタリー映画「DRESS MAKER」がバンコクで上映されていました。


A Design Film Festival 2016: Yohji Yamamoto | Dressmaker

目次

 

■Yohji Yamamoto

 

ご存知でしょうか。デザイナーとして活躍されている山本耀司氏。

1943年生まれの、73歳。

現在でも尚デザイナーとして活躍されています。

ブランドは自身の名前から

Yohji YmamotoY'sY-3など、コラボを含めると幾つかのブランドのデザイナーをされています。

Yohji Yamamoto Official Site

 

川久保玲のコムデギャルソンと共にパリコレへ

コムデギャルソンのデザイナーとして有名な、川久保玲氏

1981年同時期にこの二人はパリコレでデビューします。

 

その他も多彩に活躍

▽1991年 三菱銀行の制服をデザイン

▽2001年 北野武監督「BROTHER」では衣装を担当。

その後も北野武が監督をする映画には、すべて関わってるそうです。

▽2014年 レアルマドリードのユニホームのデザインを担当

サッカー界まで進出しているのですね。

 

目次にもどる

 

■強く自由な女性の象徴

 

始まりは女性服から。

オーダーメイドの洋裁店で働いていた母の影響で、デザイナーとしての仕事に興味を持たれたそうです。

山本耀司の父は、本人が小さな時に戦死してしまわれたんだそう。

女手一つ、洋裁店で忙しく働く母を見ていた当時のことが、山本耀司のデザインの中心にあるそうです。

そのため、強い(働く)女性をテーマとしたデザインを中心にコレクションをつくられています。

 

目次にもどる

 

■はぎとられた過度な装飾

 

パリコレランウェイ、というとどんな印象でしょう?

私は少なくとも

”高いヒールを履いたモデルたちが、奇抜な衣装を着用してランウィエを闊歩する”

というイメージ。

結構同じイメージをお持ちの方、多いのではないかと思います。

 

ヒールを履かないモデルたち

驚きます。ランウェイを歩くモデルがヒールを履いていないんです。

それが山本耀司のデザインするモードの世界。

女性に無理を強いるような装飾を求めない。

女性が自由に歩き回る、ヒールや装飾に縛られずに。

 

ほぼブラックな衣装

山本耀司氏自身が語っていますね。

いつ見てもほとんどご自身でデザインされたであろう、黒の服を着用しています。

パリコレに出た時も、ブラックはどのデザイナーも使用しない、暗すぎる色

と批判を受けたそう。

だが、そのブラックを基調としたデザインは現在も健在である。

 

”女性の強さ、そして自由さ”という色で示しているそう。

 

その削ぎ落とされた装飾から得た、私のミニマムファッション

私は山本耀司氏のデザインと初めて出会ったのは、20歳の時。

友人が履いていた、真っ黒なパンツ。

そのデザイン、素材、全てがとても素敵で、”一体どこのものなのか”と尋ねたことがきっかけでした。

いつ店舗へ行っても、白と黒の洋服でいっぱい。

そんな装飾で表現をしない洋服たちを初めて見た私は、一瞬で虜になりました。

主張することだけが洋服の魅力ではないこと。

それから私のクローゼットは白と黒だけ、とはいかないものの;、

随分と「装飾に頼った衣装」からは離れるように色、形、素材、が一段とミニマムになりました。

 

目次にもどる

 

■上映映画館

f:id:a9l6123f13:20170209091916j:image

Bangkok Screening Room

BTSサラデーンから少し歩きます。

MRTルンピニ駅、シーロム駅からもいけます。

館内は小さく、とてもアットホームな雰囲気。

落ち着いて好きな映画を観るにはぴったりです。

 

このように、ルンピニ公園沿いをまっすぐ歩いていくと到着します。
f:id:a9l6123f13:20170209091940j:image

角を曲がるとこんな感じで目印があります。


 

・Bangkok Screening Room

住所:Level 2, 1/3-7 Sala Daeng Soi 1 | Silom, Bangkok 10500, Thailand

時間:平日15:30-0:00/土日11:00-0:00

電話:

HP:https://bkksr.com/th/

料金:300B

※年間1100Bで会員→チケットは20%オフになるよう

売店:あり

駐車場あり:通りを挟んで両脇に二箇所。

f:id:a9l6123f13:20170208122551j:plain

1:U Chu Liang Building/1時間50B、週末は無料。

2:Srifueang Fung Building/50台駐車可能。値段は記載無し。

 

DRESS MAKER / Yohji Yamamoto

ドキュメンタリー映画で、ほとんど内容は英語です。

字幕はタイ語、時々英語、でした。

2月22日まで上映しています。

お時間がある方、ファッションに興味のある方は是非行ってみて下さい。

監督: Ngo The Chau

製作国:ドイツ

時間::69 分

製作年: 2016年

 

目次にもどる

 

 

 

本日もご訪問くださりありがとうございました。

ワンクリックして頂けると嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ