My LIFE

毎日すこしだけ丁寧な暮らしを

【Library】日本の書籍が読み放題?!

おはようございます。

本日はAsok駅にある、日本語の書籍が無料で読み放題の図書館についてのお話です。

 

 

国際交流基金ライブラリー




1) 図書館の詳細

独立行政法人国際交流基金The Japan Foundation)は世界の全地域において、総合的に国際文化交流を実施する日本で唯一の専門機関です。日本の友人をふやし、世界との絆をはぐくむため、「文化」と「言語」と「対話」を通じて日本と世界をつなぐ場をつくり、人々の間に共感や信頼、好意を育んでいきます。

   国際交流基金 - 国際交流基金の紹介

世界各国に設立されているようですね。

 

先日愛読しているタイのフリーペーパー、フリコピにアソーク駅に図書館があるとの記事を発見しました。

↓置いてある本の一部ですね。
f:id:a9l6123f13:20170108153806j:image
f:id:a9l6123f13:20170108153824j:image

タイの本屋さん&ライブラリーめぐり! | フリコピ -furicopi-

なのでこれは行ってみよう!と思い、いざ出発!

目次にもどる

 

2) 行き方

アソーク駅からは徒歩10分程で図書館の入っているビルに到着です。

ターミナル21を左手に見て、北側に直進。

セブンイレブンを越えて到着です。
f:id:a9l6123f13:20170108153837j:image

地図を一番下に添付してあります。参考にして下さい。

目次にもどる

 

3) 館内

図書館が入っているのは10階のフロアになります。 


f:id:a9l6123f13:20170108153913j:image

館内はそこまで広い!という感じはありませんが、本を読めたり、勉強をするスペースがありました。

色々な方のブログを拝見しましたが、部屋内のレイアウトがちょこちょこ違うようだったので、定期的に模様替えをしているのかな。

それは飽きがこなくて新鮮な気持ちで使うことができる気がして、嬉しい工夫ですよね。

書籍については、小説、漫画、雑誌と色々なものが置いてありました。

日本に興味のあるタイ人のためのものだと思うので、現代小説などをお探しの場合はちょっと満足できないかもしれません。

BAILA、non-no、BRUTUS、と結構雑誌は充実しているのではないかと思う品揃えでした。

小さなタイ人の子が、日本のアニメを真剣に見ていました。

きっと漫画に興味があるのかな?ほっこりした瞬間でした。

 

ビデオを見るスペースもあり、長時間過ごしても手持ち無沙汰にはならないようなスペースがたくさん見受けられました。

平日、午前中に行きましたが、そんなに人は多くありませんでした。

お子さんを連れられた方もいらっしゃいました。入り口付近には子供を遊ばせるスペースも設けられており、使いやすいでのはないかなぁと感じました。

 

毎週金曜日には、映画の上映会が行われているとHPにのっていました。

金曜日の夜に、静かな場所で無料で映画が見られたら良いですよね。いずれ気になる映画の上映会があったら、参加してみたいです。

 

さらには貸し出しも可能みたいです!

15歳以上のタイ在住者であれば登録が可能のようです。

必要書類

  1. 顔写真(2.5 x 3 cm) 2枚
  2. 身分証明書のコピー(タイ人) またはパスポートのコピー(外国人)1通
  3. 学生会員:学生証(高校生/大学生/フルタイムの大学院生)
  4. 日本語教師:所属機関が発行する雇用証明書(所属部署、雇用期間などが明記されたもの)

一度に三冊まで、期間は二週間で
一般の登録は年間600バーツ(学生さんは300バーツ)

詳細はこちらを御覧ください↓

http://www.jfbkk.or.th/libraryservice_jp_reg.php

目次にもどる

 

4) 注意すべきこと

  • 寒い!

これは行ってみて一番に感じたことです。

半袖で行きましたが、とにかく寒くてゆっくりと本を読めずに滞在時間は1時間ほどに;せっかく行ったのに勿体ないですよね。

少し薄手の羽織ものがあるといいなぁと思いました。

 

  • キャップの付いているペットボトルしか持ち込めない

基本的に図書館はどこでもそうなのかな。

要はこぼしてしまって書籍がダメになってしまうのを防ぐってことですよね。

コーヒーとかジュースとか、カップに入っているものは、とりあえず禁止ということのようです。

 

  • 携帯電話の使用は不可

写真を撮ろうとしたところ、目の前に携帯電話の禁止のマークが描かれた張り紙が;

一人で行った私は、もちろんしずーかに鞄の中にスマホをしまいましたよね。笑

座っていたタイ人は普通にスマホをいじっていましたが、やはり禁止という張り紙があるとなると、罪悪感が出ます。

 ▶目次にもどる

 

現在、読書についてはkindleでだいぶまかなっているため↓(過去記事を御覧ください)

 

 

ernngs.hatenablog.com

 この図書館へ探しに来ることはないかと思いますが、勉強できる静かな場所へ行きたい時には、こちらを積極的に利用したいですね。

 

日本にいるように、用途に合わせて場所を選んで過ごすことにも、どんどん挑戦していきたいです。住めば都というけれど、なかなかタイで市民税を収めて市民として自覚を持ち生活することは難しいものです。

 

 

国際交流基金ライブラリー バンコク

住所 10th Floor Serm-Mit Tower
159 Sukhumvit Road 21 (Asoke) Bangkok 10110

月曜日-金曜日 09:00-19:00
土曜日 09:00-17:00

※日曜日は休館のようです

TEL 0-2260-8560- 4

FAX 0-2260-8565