My LIFE

毎日ほんのすこしだけ、丁寧な暮らしを

【びようのこと】My skincare

f:id:a9l6123f13:20161228113730j:plain

おはようございます。

年末にもなり、スーパーでおせちの材料を購入している方をよくお見かけします。

 

日本はどんどん寒くなり、空気も乾燥していることでしょう。

タイで生活している私は、寒さとは無縁の生活を送っている訳なのですが、タイは湿気と紫外線のオンパレードです。

乾季ということもあり、一番暑い時期からするとまだまだ序の口だというお話なのですが…寒い時期の日本も嫌いではないので(四季があるという意味で)、なんとなく寂しい気持ちにもなります。

 

 

2016年11月29日より、タイへ越してきたのですが、それ以前(2016年5月13日~2016年10月2日)まではイスラエルで過ごしていました。

湿度のないとても過ごしやすい環境ではありましたが、日差しの強さといったら日本のそれとは比べものにならない程。お陰様で肩にはくっきりと日焼けの跡が残る始末に(トホホ)

 

日本と海外を行き来するような生活が何年も続いている私ですが、環境に負けない肌を作りたい!と考えるようになりました。

そこで本日は今私が行っているスキンケアについて記しておこうと思います。

 

1.宇津木式スキンケアについて

1)宇津木式スキンケアとは

宇津木式スキンケアについて、お話させて頂きます。

私がこの宇津木式スキンケアを知ったのは、本屋さんでふと目に止まった一冊の本からでした。宇津木龍一さんというお医者様の書かれた本です。

内容は、一言で言ってしまえば

肌に何も塗らない

という究極の美容法です。

2)洗顔後は肌に何も塗らない

まずは使用している基礎化粧品類(化粧水、乳液、美容液、クリーム等、洗顔後に肌に乗せているもの全て)をやめるところから入ります。

初めは一気にやめることは難しいと思うので、徐々に段階を踏んで一つずつ減らしていくことをお勧めします。

 

3)乾燥やトラブルが出たらワセリンを肌におくようにする

もちろん今までの免疫がありますので、何も塗らない肌は乾燥し始め、粉をふいてしまったり、ゴワゴワになってしまったりというトラブルが起きます。

その時はワセリンを使用して、潤すというよりも、部分部分をおさえる、という方法で使用します。

 

4)メイク落としをやめて、純石鹸を使って洗顔する

その後、メイク落としの使用をやめて、純石鹸にして洗顔する。

※純石鹸を使用しないと、メイクの落ちや皮脂汚れがうまく落ちない

意外と純石鹸ではない石鹸が多かったりします。表示内容をよく確認してから購入した方がいいかと思います。

vaseline.naosou.info

皮膚は定期的に古い皮膚が剥がれ落ち、新しい皮膚へと生まれ変わるサイクルを持っているので、多少メイクが残っていたとしても、さほど問題ではないそうです。

それよりもメイク落としで、ゴシゴシとこすったり、余計な皮脂までそぎ落としてしまうことの方が肌には大きなダメージがあるそう。

amazon

 

5)メイク用品を変える

それと同時に、お化粧品(肌にのせているもの)を徐々に軽くしていく。

現在はベースメイクからポイントメイクまで、幅広く"お湯でオフできる"や"石鹸で落ちる"ですとか、そのような化粧品が多く出回っていると思います。

初期費用はかかってしまいますが、徐々に揃えていくことが、また宇津木式スキンケアを続けられるコツになるかと思います。

 

amazon

 

6)肌には極力何も塗らない努力

最終的には”何も塗らない”ことがゴールとなる。というように本には書いてありました。日焼け止めも、30分以内の外出や通勤通学で外に出ている時間が30分以内なら、日焼け止めよりも帽子やUVカット製品を用いた方が良いとのことです。

私もこれはズグに取り入れようと思い、通勤は自転車で20分程かかっていたのですが、その際には日焼け止めではなく、帽子やカーディガン、グローブ等を用い実践しました。

 

2.現在の肌状態について

1)きっかけ

現在の私の肌状態ですが、写真でbefore/afterを載せる程、美しい肌ではありませんので;笑…そこは自粛させて頂きますが、以前よりも遥かに改善しました。

学生時代に遡り…某ブランドの基礎化粧品を使えば、肌はキレイになるのが当たり前なんだと信じ込んでいたあの頃。

 

そうでなくとも、私はいわゆるミーハー系女子でした。ファッションにネイル、美容に食事、どれをとっても新しいものは試してみないと気が済まないような性格で、今考えると勿体ないことをしていたのは重々承知しています。

 

いつしか百貨店のカウンターでしか基礎化粧品を購入できなくなっていた私。肌の調子はというと…

f:id:a9l6123f13:20161228115037j:plain

綺麗ではない

というのが正直本当のところ。正直甘えていた部分もあったのだと思います。

この化粧品を使っているから大丈夫!綺麗でいられる!

なんて淡い期待を抱いていたのは、紛れもなくこの私です。ハイ;

 

決してお高い基礎化粧品を使っても効果がない!なんて訳ではなくて、

それだけ使ったとしても、効果はうまくは発揮されない、ということです。

食生活や運動、ちょっとしたことの積み重ねでしっかりとした効果が得られるんだと実感したのでした。

 

大きな変化があったのは、結婚を機に転勤妻となったことです。

当時ミーハー系女子の私は、物がゴチャゴチャとした部屋に住み、ファッションや美容をこよなく愛する人間。

海外転勤の主人と暮らすことで、大きな変化が現れたのでした。

(また別途これは記事にしようと思います)

 

とにかく荷物を減らさねばならない、というのが大きなきっかけにもなりましたし

なんせ海外にいては、大好きな百貨店がないというのが一番の理由です。

長期間海外へ行くのに、いちいち大量のストックを持っていくわけにもいかないですよね。大量のストックを買うには大きな出費にもなってしまいますし、いくら未開封とはいえ、消費期限だって心配です。

 

そこで私が最終的にたどり着いたのが、宇津木式スキンケアなのです。

 

2)現在のケア

現在の私のケアについてです。

 

メイク落とし→無使用

洗顔→石鹸

洗顔後→エブリシングバーム

 

といった流れです。

ワセリンじゃないの?という感じですが、エブリシングバームが一番しっくりきて、非常にコスパも良いので続けて使用しています。

 

3)愛用品

石鹸

 

amazon

 こちらを使用しています。

特にこだわりはありません。無香料で洗い上がりはさっぱりしています。

現在も日本におりませんが、持参したこちらがなくなるまでは使用したいと思います。

 

 

amazon

 こちらを洗顔後に少し手にとって、温めてから顔においていくようになじませています。

洗顔後のケアはたったこれだけです。コスパが非常によく、一年程もちます。大体一年に一度は日本に帰るので、その際に購入します。

 

以上が今回のスキンケアについてのお話でした。